使用機材紹介

本工事では多種多様な機材を用いて作業を行っております。心強い仲間をいくつかご紹介いたします。

≪ 盛土材の運搬 ≫

ダンプトラック (10t車)

造成工事に必要な土砂等を運搬するのに使用します。
土砂なら1台で6m3程度運搬が可能です。
どこの工事で使用されているか、フロントにダンプマスクを付け走行しています。

≪ 敷き均し/整形/吊り込み ≫

バックホウ 0.4m3級
(クレーン仕様2.9t吊)

搬入された土砂の敷き均しや盛土、資機材の荷下ろしなど幅広く利用されています。
写真機はクレーン機能が付いており、クレーンモードに切り替えることにより吊り荷作業が可能です。

≪ 土砂等の敷き均し ≫

ブルドーザー (8t級)

前面に装着した可動式のブレード(排土板)で、進行方向に土砂を押し出します。
現場に搬入された土などを敷き均すために使用します。



≪ 資材の吊込み ≫

ラフタークレーン(25t級)

鋼材や鉄筋など数トンもある重量物を吊り込みするための機械です。
作業半径やつり上げ高さが大きいので本格的な構造物の吊り作業には必須です。


≪ 散水作業 ≫

散水車 (4t車)

工事現場など埃が発生する場合等に水を撒き、埃の飛散を抑えます。
ダンプなどで道路が汚れた場合の清掃にも使用します。

≪ 土砂の締固め ≫

振動ローラー (10t級)

敷き均した土砂等の締固めを行う機械です。
鉄輪部が振動するため、締固め力を増幅させる事が出来ます。

≪ 除草作業 ≫

搭乗式草刈り機

広大な面積の草刈り作業を行う為の除草機械です。
1台で10000m2以上の面積を除草できます。法面等の傾斜部分も施工可能な機械です。

≪ 不整地での資材等運搬 ≫

不整地運搬車 (4t級)

田等地盤の軟弱な箇所や凹凸のある場所など、通常の車両が入れない場所へ資材を運搬するのに使用します。
ダンプトラックのキャタピラ版です。